NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」
主人公の夫 西門悠太郎さん(東出昌大)逮捕
 ――背景に、空襲からの避難を禁止した「防空法」が――


出演 / 杏 東出昌大 近藤正臣 高畑充希 キムラ緑子 ムロツヨシ 菅田将暉 ほか


西門悠太郎さん(東出昌大)逮捕!
 ―― 背景には 「防空法」 が・・・


 人気を博したNHKの朝ドラ「ごちそうさん」。 2014年2月第4週の放送で、主人公の夫・悠太郎さんが逮捕されました。空襲にそなえた防空訓練で、「空襲の火は消せない。消火せずに逃げろ! 自分の命を守れ!」と叫んだことが理由です。
 悠太郎さんの発言は、今からすれば、市民の命を守るため当然の発言ですが、当時は許されませんでした。当時の法律「防空法」は、「都市からの退去を禁止する」「空襲のときは逃げずに消火をせよ」と定めていました。悠太郎さんの発言は、当時の政府方針に刃向かうものだったのです。
 3月第1週の放送では、「地下鉄への避難が禁止されていた」という事実も描かれます(⇒ 関連ページ「地下鉄への避難禁止」)。



空襲から逃げると処罰される。
 しかも「非国民」のレッテルまで・・・


  真珠湾攻撃による日米開戦の前日、昭和16年12月7日には、防空法に基づいて「国民には避難をさせない」と内務大臣が通達を制定。違反して逃げると懲役刑に処されます。さらに政府は「避難した者は非国民だ。戻ってくる場所はない。」と宣伝。「命を投げ出して御国を守れ、持ち場を守れ」と指示しました。
  この方針は、東京や大阪が焼け野原になった昭和20年3月以降も変わりませんでした。学童疎開や建物疎開は実施されましたが、それ以外は地方への転居が禁止されたのです。(下の写真は、疎開の中止を指示する新聞記事)


なぜ家族が 「空襲は怖くないらしいですよ」と言ったか
 ――― 空襲への情報統制と安全神話


  悠太郎が逮捕される前、め以子(杏)や家族が、「まぁ空襲なんて、そんなに怖いものじゃないらしいですよ」と話す場面が出てきます。 でも実際の空襲は「猛烈な火の海」と「うずまく熱風」です。密集する木造住居はたちまち燃え尽くされ、あたり一面が「焼け野原」になりました。
  なぜ、西門家の人たちは「空襲は怖くない」と思っていたのでしょうか。その答えは、徹底した情報統制(今ふうに言えば「空襲への安全神話」)にありました。
  たしかに、それまで一度も空襲を体験していない市民にとって、その恐怖は想像できなかったかもしれません。しかし、政府は爆弾と焼夷弾による空襲を予測し、その威力も把握していました。 科学者も、空襲の危険性を指摘し、「焼夷弾を消すことは不可能」とする論文を書いていました。 政府は、その事実を隠して、「空襲は怖くないから逃げるな、火を消せ」と国民に指示をしたのです。
  政府刊行物には「焼夷弾は手でつかんで投げればよい」、「毒マスクは不要。長さ1メートルの“ハタキ”で火を消せる」など、およそ不可能で危険な対処法が書かれていました。 


空襲の被害者は、全国で50万人
 ―― 二度と繰り返したくない歴史です


 情報統制と安全神話。そして隣組による相互監視によって「逃げたいと思わない」、「逃げたくても逃げられない」という体制が作られていきます。
  やがて戦争末期、全国に大量の爆弾と焼夷弾が落とされ、猛烈な「火の海」のなか、多くの市民が逃げ場所を失い犠牲となりました。死亡者は約50万人以上ともいわれます。
 2度と繰り返したくない歴史ですね。 こうした事実を掘り起こす新刊
『逃げるな、火を消せ―― 戦時下 トンデモ 防空法』が2016年11月3日に刊行されました。ぜひ、お読みください。


2016年11月刊 大前治著 / 合同出版  定価1,800円+税 


 上記のほか、書籍 『逃げるな、火を消せ――戦時下トンデモ 防空法』 には、見どころが盛りだくさんです。こちらのページもご覧ください。
  • まずは「怖くない戦争」に慣れることから ⇒本書p.44
  • 「焼夷弾は怖くない、手でつかんで投げ出せ」  ⇒本書p.148
  • 簡単に何発も消しました!・・・怪しい武勇伝  ⇒本書p.78
  • 4千人が死んでも「微々たるもの」という陸軍中佐 ⇒本書p.54
  • 「都市から逃げた者には、戻ってくる場所はない」という脅迫 ⇒本書p.72
  • 科学者は知っていた「焼夷弾は消せない」→本書p.126
  • 焼夷弾は怖くないという「感じ」をもたせろという政府広報 ⇒本書p.150
  • 青森空襲の悲劇・・・「退去するな、戻れ」の命令 ⇒本書p.190
  • 子どもは他人に任せて決死の消火活動をという女性雑誌 ⇒本書p.110
  • 防空活動を妨害した者には、死刑・無期懲役 ⇒本書p.70
  • なぜ逃げてはいけないのか…陸軍少将の告白 ⇒本書p.68
  • 「みだりに疎開するな」という政府方針 ⇒本書p.154
  • 燈火管制と、時代の暗闇 ⇒本書p.22
  • 学校が「防空の拠点」、児童も教師も防空を ⇒本書p.137
  • 子どもが防空法の犠牲に、戦災孤児の戦後 ⇒本書p.202
  • 防空法制を批判する勇気ある発言をした人々 ⇒ 本書p.64、p.172
  • 地下鉄駅への避難も禁止された ⇒本書p.123


楽天ブックス ▼Amazon
セブンネット HonyaClub
honto  ▼E-hon  
紀伊国屋書店 ▼TSUTAYA

書籍『逃げるな、火を消せ―― 戦時下 トンデモ 防空法』

HOMEへ(防空法を考えるページ)


inserted by FC2 system